banner_blog.png

2018年07月19日

2018 紙博 in 京都

暑い日が続いてますね…。店舗の準備のために毎日買い出しに行っていますが、暑さに押し潰されそうになります。

遅くなりましたが、2018年の「紙博 in 京都」のご報告です。
今年の「紙博 in 京都」は7月14日、15日でした。両日とも暑かった!そして熱かった!!
会場は昨年と同じく、みやこめっせ。昨年はクリスマスに開催!そして今年は祇園祭の真っ只中での開催!!

18_7_14&15kamihaku1.jpg

初日は出勤日だったので、まずは会社に行って、時間がきたら小田村さんと2人で歩いて会場まで行きました。朝なのでまだましではありますが…暑いです。琵琶湖疏水の辺りの木陰で夫婦の鴨が涼んでいました。
18_7_14&15kamihaku2.jpg

18_7_14&15kamihaku3.jpg


まずは、企画のフルメンバー写真です。真ん中の2人が新しい仲間です。次に全員が揃うのはまだ少し先ですが、これから4人で楽しい企画を進めて行きたく思っています。
18_7_14&15kamihaku4.jpg

18_7_14&15kamihaku5.jpg

すごい入場者数です!!圧倒されます!!紙博では毎回思うのですが、紙もの好きがこんなにたくさんいることに感動します。

インテリアライフスタイルショウでご近所ブースだった四国のマルモ印刷の方が来てくださいました。翌日15日には課長さんがご家族で来てくださいました。遠いところまでありがとうございます。楽しかったでしょうか?
18_7_14&15kamihaku6.jpg

マルモさま以外にも、竹笹堂さま、京佑さまなど知っている企業様御一行が来場してくださったり、えちがわくんや関さんとか作家さんが来てくださったり、めっちゃ久しぶりの知人が来てくださったりしました。会場でお会いするのは普段よりも増し増しで嬉しく感じます。

食堂souffleで、杏とバニラビーンズのソーダと揚げたてドーナツを買いました。とても美味しかったです。

18_7_14&15kamihaku8.jpg

18_7_14&15kamihaku7.jpg


2日目、15日はペパニカ部のライブがありました。今年のin東京でペパニカを買って以来ファンなので演奏を拝見できて感動です。
18_7_14&15kamihaku9.jpg

東京では時間がなくって断念した念願のチャンキーさんの切り絵似顔絵!ついにやっていただきました。職人技が感動です。チャンキーさんのキャッチフレーズ「運を切り拓き難を切り抜ける」。これで実店舗とウェブショップがうまくいきそうな気がします。
18_7_14&15kamihaku10.jpg

18_7_14&15kamihaku11.jpg

18_7_14&15kamihaku12.jpg
僕の胸には「HERESY」のロゴが4回繰り返されているバッジがバッチリついています!「異端、異端、異端、異端」
異端あれです。

昨年を軽く上回る入場者数で大盛況でした。多くのお客さま、ご来場いただきありがとうございます。
手紙社のみなさま、いつもすてきなイベントを企画し、素晴らしい会場を作られ、そしてお誘いいただきありがとうございます。お疲れ様でした。これからもよろしくお願いいたします。


打ち上げで四条堀川の「地球の幸せを夢見るバク」にジビエカレーを食べに行きました。四条通の地べたに座ってカレーを食べ貴重のな体験をしました。夜長堂さんも来られていました。企画新メンバーのサキちゃんとその彼とも合流しました。
ヤンネのマンダイさんは浴衣を着て可愛かったです。
楽しいひと時でしたが、疲れすぎていたので、僕と小田村さんは食べたらすぐに帰ってしまいました。
18_7_14&15kamihaku13.jpg

18_7_14&15kamihaku14.jpg

18_7_14&15kamihaku15.jpg

18_7_14&15kamihaku16.jpg

18_7_14&15kamihaku18.jpg

帰る頃には、日も落ちて山鉾の提灯が綺麗に光っていました。

感動的な素晴らしい夏の始まりを経験しました。ありがとうございました。
18_7_14&15kamihaku19.jpg
(この写真はホホホ座三条大橋店のDMフライヤー置き場です。)


takakura















posted by おだむら at 09:05| 日記

2018年07月13日

関美穂子さん

先週末の日曜日、関美穂子さんが参加されてる展覧会に行って来ました。最終日になんとか行くことができました。
会場は銀閣寺や哲学の道のすぐ近くにある「迷子」です。2階は「ゴスペル」です。素晴らしい空間です。
「乙女な展覧会なので覚悟して来てください」と言われていましたが、その乙女な感覚の作品とが会場の迷子の雰囲気と相まって美しくありノスタルジックでもあり、そして乙女の危うさや少しだけの毒も感じたりして、虜になりそうな感覚を覚えました。

秋の新製品で、新たな作家さんは関美穂子さんです。関さんは、僕が一方的に前から知っていたのですが、接点がなかなかなかったのと、僕が人見知りで引っ込み思案なので始めての人に話しかけるのが苦手な方で、一方通行で何年も過ぎ去った感じです。
そんな状況で、思わぬところで関さんの名前を見ることがありました。昨年の初夏に松本俊夫先生のお別れ会に参加させていただいた帰りの新幹線で、お別れ会でいただいたパンフレットを読んでいました。裏表紙を見ると「カット:関美穂子」と印刷されていました。驚きました。関さんと松本先生の接点を想像することは全くありませんでしたから。
京都に帰ってからすぐに会社近くのkitさんでタイミングよく関さんの個展が開催されたので観に行きました。そこで初めて関さんとしっかりと話しました。以前、遊びに行ったコトコトこけし博で、関さんのヨーヨー釣りをして型染めのぽち袋を釣ったら、関さんが「大当たりです!」と言ってくれたこと。松本先生のパンフレットのカット絵の事とか。そして、cozyca products でグッズを作りませんかとお誘いしました。快く引き受けてくださいました。
今回は、レターセット2種と一筆箋2種です。とても可愛く仕上がりました。上記の迷子での展覧会では一筆箋の原画も展示されていました。なんとか紙博in Kyotoに間に合いました。
関さんを知ってから製品を作るまで数年かかりましたが、長い年月をかけて実ることもあります。そんなご縁もすてきなことだと思います。

今日は昼から 紙博 の搬入です。西淑さん、布川愛子さん、Subikiawa.さん、関美穂子さん、レオ レオニさんの新製品も初売りとなります。皆さん会場でお待ちしております。
今はいろんな意味でドキドキしています。楽しみです。

18_7_8sekisan1.jpg

18_7_8sekisan2.jpg

18_7_8sekisan3.jpg

18_7_8sekisan4.jpg

18_7_8sekisan5.jpg

18_7_8sekisan6.jpg

18_7_8sekisan7.jpg

18_7_8sekisan8.jpg


takakura












posted by おだむら at 08:39| 日記

2018年07月11日

夏の始まり

もう関西も梅雨明けでしょうか? 
朝、会社の外壁に蝉の抜け殻がくっついていました。下には土はありません。わずかな隙間から出て来たのでしょうか?
夏の始まりですね。
仕事終わりに用事で河原町に行くと祇園祭のお迎え提灯の行列が進行していました。
ちょうどサギ達が歩いているところでした。かわいいです。いつか舞も見てみたいです。
今週末15日は宵々山、16日は宵山、17日は山鉾巡行です。そして14日と15日は紙博です。
夏の始まりは、祇園祭と紙博で楽しみましょう!!

18_710_tsagi1.jpg


takakura




posted by おだむら at 08:53| 日記