banner_blog.png

2017年03月31日

作品

先日、企画の相方の小田村さんが布川愛子さんの原画作品を購入しました。小田村さんはとても満足しているみたいです。ARTを購入する習慣はまだまだ日本では一般的ではないのが現実です。好きな作品が自分の生活空間にある喜びと満足感はなかなか他では得られないです。
cozyca productsを進めていくにあたって、「製品購入をきっかけに作家さんのことを知り、後に作品を購入する人が少しでも増えてほしい」という想いがあります。基本として、ご縁があった作家さんが、活動して行くお手伝いを少しだけでもしたいからです。
小田村さんは、作品を部屋に飾るために、壁紙なども考えて空間作りを始めたみたいです。すごく楽しそうです。
僕も時々作品を購入しています。中には作者からいただいた作品もありますが、特別な想いが詰まっています。
まだ額装ができていない作品もありますが、これも機会なので少し紹介させていただきたく思います。良さが伝わって作品購入に興味をもっていただけたらいいなと重います。

こちら、写真家の金井杜道さんの作品です。宝誌和尚立像です。金井さんは僕が社会に出てから最初に師事した方です。5年間ご指導いただきましたが、僕は何も分かっていないダメ弟子でした。ただ、数々の素晴らしい経験をしたことは、しっかりと心に残っています。もちろん購入しました。
17art1.jpg


次は、マーク•ライデンのプリントです。僕が購入した中で1番高価です。クリスティーナ・リッチが大きなハチを抱いています。
17art2.jpg


これは、上が寺田克也さんのドローイングです。右上に高倉と書いてあります。ある酒の席で描いてくださいました。サインをもらおうと思ったくらいだったのですが、それなりに時間をかけて描いてくださり感激しました。
下は、ヤン・シュヴァンクマイエルのプリントです。展覧会の会場で売っていました。すごく安かったけどサインとシリアルナンバー入りです。
17art3.jpg


河鍋狂齋の浮世絵です。たぶん大江山の鬼退治です。古書店のイベントで購入しました。
17art4.jpg


大井戸猩猩の作品です。数年前のFOILギャラリーでの展覧会も素晴らしかったです。その展覧会の会場風景を撮影したのですが、ギャラ代わりに おいどん(大井戸猩猩)にいただきました。
17art5.jpg


こちらもFOILでの展覧会も素晴らしかったし、FOILから出ている作品集も必見のNAZE。サイズはA2くらい。まだ額装ができていません。これくらいのサイズになるとちゃんとした額を用意するにもそれなりの金額になるので…。早く飾りたいとは思っています。FOILとは別の展覧会で購入しました。
17art6.jpg


山塚EYEさんのUFO OR DIE のドローイングサンルーフ。これもいい感じで額装したいです。たしかライブ会場で買ったはず。20年以上前です。この頃は楽しいだけで生きていた気がします。それなりに悩みもあったとは思いますが、気楽だったんだろうなと思います。気楽でいいわけがないですが。
17art7.jpg


次は、Subikiawa.さんの作品。一緒にお仕事をご一緒し始めたころに購入しました。
17art8.jpg


右が布川愛子さんのリスの絵。展覧会で購入しました。この絵を観ていたお客さんが「人生、綱渡りよね〜」と話していたそうです。
左は西淑さんの作品。こちらも購入したときは本当にお世話になりました。その前もその後もずっとお世話になっています。
17art9.jpg


最後は以前にも紹介した、リトマスの藍染め。一応、玄関に飾る予定。ただちょっと作品保護的に額装に手を加えたいので保留中。
23l1.jpg


まだもう少しシルクスクリーンとかありますがこんな感じです。これからも自分が買える範囲で楽しんでいきたく思います。お財布事情があるので、いつでも気軽に買えるわけではなく、そこが苦しいところです…。
まだ未経験の方に作品購入の楽しさを味わえる時が訪れるといいなと思っています!!

takakura




posted by おだむら at 09:05| 日記

2017年03月28日

天神さん

先週の土曜日の午前中は北野天満宮の骨董市に買い出しに行ってきました。紙博のブースで使う小道具の仕入れです。春先で天気もよかったので、すごく賑わっていました。
17_3_25_tenzinsan_1.jpg

梅もきれいに咲いていましたし、猿まわしも行われていました。
17_3_25_tenzinsan_5.jpg

17_3_25_tenzinsan_2.jpg

17_3_25_tenzinsan_3.jpg

17_3_25_tenzinsan_4.jpg

17_3_25_tenzinsan_6.jpg

小田村さん、何か買っていますねー。
この写真の隣のお店で小田村チョイスのブリキの箱を買いました。僕は値切り役としてちゃんと交渉しましたよ☆

takakura




posted by おだむら at 09:22| 日記

2017年03月21日

織と染め 〜布と色を楽しむ〜

僕の家のご近所さんに、レゲエバンドをやっている人がいて、そのバンドはすごく良いバンドなのですが、今日はバンドの話ではなく、そのご近所さんの友達の話です。
なんでもその友達は名古屋の呉服屋さんの跡取りで、今までの呉服屋さんの型にハマらない活動をしているらしく、型にハマらないということは、、、いろいろ大変なわけですよ。それでも着物の面白さをもっと知ってもらおうと努力されているみたいなのです。僕に会ってみたいと言ってくださっているみたいなので、近々お話しできたらいいなと思っています。
その方が企画した展覧会『織と染め』が "文化のみち橦木館" で開催されています。「ご近所さんの友人」の文化を未来へ繋ぐための想いが詰まった展覧会だと思います。お近くの方は是非!!
oritosome.jpg

僕が仕事でご一緒させていただいている作家さんたちはだいたい30代半ばです。レゲエのご近所さんも36才だったかな?もう一人のご近所さんのメチャクチャかっこいい三味線弾きは34才だったかな?透かし和紙でお世話になっている丸重製紙の辻常務も34才。僕の10年来の相棒のジャイアンもたしか36だったかな、、、最近、仕事でもプライベートで縁のある表現者はほとんど30代です。30代がすごく面白いな〜と思います!
あんまり堅い風習とか関係なく自分たちのやりかたで文化を築いていく世代の先陣なのではないでしょうか?
すごいぞ30代! 46の僕もがんばります!!

takakura




posted by おだむら at 16:22| 日記