banner_blog.png

2017年04月25日

舞台「それいゆ」観劇

先日 ひまわりやの中原さまよりご招待いただき、舞台「それいゆ」を観劇してきました。

舞台を見に行くのは久しぶりで、幕が開くまでのわくわくする感じが そうそうこの感じ!ととても嬉しかったです。

ストーリーですが、中原淳一さんの半生を綴ったものです。
中原さんが当時の人気雑誌”少女の友”の看板作家だったのですが、お国の命令で「モンペ姿の少女」のイラストを描けと迫られる…といったところからお話が動いていきます。
当時は戦争真っ只中で、贅沢は敵とされた時代でした。ですが中原さんは「それを描くぐらいなら少女の友の作家を辞める」と言い、独立し自身の手で雑誌を創刊し、お店も始めます。

お芝居を見ていて感じたのは、中原さんの生き方は、自分にも他人にも厳しい生き方だったのだな…というものです。

自身の美しいと思うもののみを求める。
そして世の女性に対して、周りの人々がいいと言ったものや、流行のもの、そういったものの中から簡単に選ぶのではなく、本当に自分が美しいと思うものは何か?それを見つけ、または自分で作り出すべきだと呼びかけ続ける。

中原さんはただひたすら理想を追い求めて生きただけで、のちに自分自身の話がお芝居になるとは考えておられなかったと思いますが、こうやって一つのお芝居として中原さんの半生を見ると それ自体が作品のようでした。

ものづくりをしたり、それらに関わっている方たちに、特にずっしりくる内容ではないかと思いました。

このような機会をいただき、本当に感謝です。

ひまわり2.jpg


そのあと大阪梅田のスカイビル内で、黒ねこ意匠の宮崎さんの参加されているイベントがあり、お邪魔してきました。
少しお話しもできて、夏の新製品がま口に登場した黒ねこ「ろびんちゃん」の秘話?も伺えました。
お時間いただきありがとうございました!

17_4_22_no2.jpg

17_4_22_no1.jpg

京都に戻ってから、COCON烏丸のKARASさんにて えちがわのりゆきさんの原画展にもお邪魔しました。
30日まで開催ですよ〜!

17_4_22_no4_howacolo.jpg

ほわころちゃんと握手…!

企画室/小田村
posted by おだむら at 17:32| 日記

2017年04月20日

上野公園〜アメ横

紙博の搬入が終わってから、足りなかった備品を買いに上野に行きました。備品購入後、上野公園に行きました。
桜もギリギリ見れました。ニュースとかで上野公園の桜はよく見ますが実際に見るのは初めてです。葉桜も多かったですが、花見の宴を楽しんでいる人もまだまだいました。
ueno1.jpg

上野公園の階段からみた不忍池は、過去と未来と東洋と西洋とごちゃまぜな感じの不思議な景観が楽しかったです。ここも外国人観光客が多かったです。
ueno2.jpg

その後、アメ横に行きました。不忍池の屋台のトルコ人に「アニキ食べていこうか?」と声をかけられましたが、アメ横のトルコ人にも「アニキ!!」と何度も声をかけられました。
海鮮丼を食べたかったけど、美味しそうな店はかなり並んでいたので断念しました。
どこに行こうか悩んだ結果、台湾料理の屋台に行きました。ビールで乾杯しました。いつもの東京出張とは違う雰囲気。焼小籠包が美味しかった。
ueno4.jpg

ueno5.jpg
小田村さんはカメラを向けると逃げます。最近は撮られることにかなり慣れてきた感じはありますが、それでも急にカメラを向けると条件反射で避けます。

酸辣湯麺が気になりましたが、小田村さんは辛いのが苦手なので今回はやめました。焼きそばを頼んだら、ソース焼きそばだったので少し残念でした。小田村さんが野菜を食べたいと言って注文したのがジャガイモの和え物。「野菜を求めてジャガイモ?」少し前にも小田村さんと食事に行った時、料理を3品選ぶメニューで、全てイモ料理を選んでいました。そういえば、ユーリ・ノルシュテインの「話の話」を観て焼き芋を食べるシーンにすごく反応して楽しそうでした。小田村さんの芋好きなイメージが定着しつつあります。
僕は揚げパンを注文しました。小田村さんは蒸しパンを注文しました。でかくてお腹が張り裂けそうになりました。
ueno6.jpg

食事をしている時、すぐ横でずっとチャンネル4がロケをしていました。

翌日の「紙博」本番前に、とても良い夕刻を過すことができました。

takakura



posted by おだむら at 10:25| 日記

2017年04月17日

紙博に参加してきました!!

紙博に参加してきました。
14日の金曜日、少しだけ早く浅草に到着しました。昼食に蕎麦を食べようと蕎麦屋さんに並んでいると偶然にも専務も同じ店に来られて、ご一緒させていただきました。14日は搬入をして、15日から本番です。

15日、開場して間もなく、会場はお客さんでうめ尽くされました。こんなにも紙好きの人がいるんだと驚きです!!しかもその状態が朝から閉場まで全く変わりませんでした。感動しました!
kamihaku_1.jpg

kamihaku_2.jpg

初日終了時には、用意していた製品は在庫がほとんどなくなり、急遽、東京の営業さんが補充してくださいました。

1日目の夜は会場近くで懇親会が開催されました。
会場の店内で始まるのを待っていると、手紙社の紙博リーダーからお話があると呼ばれました。乾杯の挨拶の指名でした。あわわわと焦りました。しかし、せっかくのご指名を断るわけにもいかないのでお受けしました。
ちゃんとできたかどうかはわかりませんが、なんとか乾杯することができました。これもいい経験。楽しかったです。
kamihaku_6.jpg
今回、紙博に参加されている 紙INGの社長さんとは同い年です。同い年だからか物作りなどの考え方など、近い感覚があるのかなと感じました。前にも他でお会いしたことはあるのですが、今回いろいろお話できて良かったです。一緒に写真を撮りました。
kamihaku_7.jpg

プロペラスタジオの方とお話ししていると、その方がうちの小田村の高校の先輩ってことが判明し、2人を繋げるとすごく盛り上がっていました。
あと、ある人と話していると○○が好きだということが判明し、しかも○○のT○○が○○で○○していて○○○!!!共通の○○も○○したりしてびっくりしました。世の中せまいですね。
懇親会の一本締めは夜長堂さん。場慣れしてる感じの堂々としたさすがの一本締めでした!素晴らしい!



2日目は入場規制が行なわれ、会場の混雑は少しだけ緩みました。
kamihaku_3.jpg

この日は11時30分からトークショーをさせていただきました。紙博WebsiteでTALKをクリックすると、今回トークショーをした4組が紹介されているのですが、あの祖父江さんと同じ枠で僕が紹介されているのがすごく嬉しかったです。
2月の手紙舎でのトークショーも満員でしたが、今回も満席で、立ち見の方もおられたそうです。前回参加してくださり、今回も聞いてくださった方もおられました。本当にありがとうございます!!
kamihaku_4.jpg

kamihaku_5.jpg

トークショーの後は、僕は自社ブースに訪ねてきてくださった方とお話をしたりして過しました。
紙博!!夢のようなすばらしい2日間でした!!!
会場に来て弊社の製品を買ってくださったみなさま、ありがとうございます!!
出店のお誘いと、トークショーや乾杯の挨拶などの大役をいただき、手紙舎のみなさま、ありがとうございます!!
そして、すばらしい紙製品を作っている多くの企画者や作家さんとご一緒できたとこを誇りに思います!!
今後、多くの企画を進めていくうえで特上のエネルギーをいただくことができました!!
喜んでいただけるいい製品をたくさん作っていきますので今後ともよろしくお願いいたします!

takakura
kamihaku_8.jpg






posted by おだむら at 15:06| 日記